セキュリティソフトウェア「ESET」の導入手順(Windows)

本ページでは芸術情報センターが提供するセキュリティソフトウェアの導入方法を示します。

セキュリティソフトウェアの導入は、次の手順で行います
本手順書は2の部分の手順を示します
1.芸術情報センターに利用申請を行う。(利用者側の操作が必要)
2.管理サーバ接続ソフトウェアの導入と利用中のセキュリティソフトウェアの削除(利用者側の操作が必要) 
3.管理サーバとPCの接続確認(芸術情報センターが行います)
4.セキュリティソフトウェアの導入(芸術情報センターが行います)

 

    1. 導入前準備
      1. セキュリティソフト利用申請を事前に済ませていること。
      2. 設定するPCが学内LANまたはインターネットに接続されていること。
    2. 管理サーバ接続ソフトウェアのダウンロード
      利用申請後、芸術情報センターから送付されたメールに記載されているリンクより
      導入ソフトウェアをダウンロードします。
    3. ダウンロード後の展開
      ダウンロード後、EraAgentInstaller.zip のファイルを展開します。
    4. ダウンロードしたデータを確認します。
    5. ZIPファイルを右クリックして「すべて展開」をクリックします。

    6. 展開先フォルダーの選択。
      通常、何もせず「展開」をクリックします。

    7. 展開先フォルダー内を確認します。
      ファイル「EraAgentInstaller.bat」がある事を確認します。
      また、インターネットに接続していることを再度確認してください。
    8. EraAgentInstaller.batをダブルクリックしてプログラムを実行します。
      この時、以下のような画面が表示された場合、「詳細情報」をクリックしてください。
    9. その後、画面右下に「実行」のボタンが表示されます。
      「実行」をクリックしてください。
    10. 管理プログラムのインストールが自動的に始まります。
    11. 黒い画面の途中で次のような画面が表示される場合があります。
      その場合は「はい」を選択してください
    12. 11で「はい」をクリック後、以下の画面が表示されます。
      自動的に13に進みますので何もしないでください。
    13. サーバ接続プログラムの導入が自動的に始まります。

      インストールが完了次第、サーバ接続プログラムの導入は完了です。
    14. セキュリティソフトプログラムの導入
      申請フォームで指定した日の当日、既存のセキュリティソフトウェアの削除を行ってください。
      以下のようなセキュリティソフトウェアを利用されている場合は予めアンインストールをお願いします。
      例:ウイルスバスター、ESET、ノートン、カスペルスキー等。その後、申請フォームで指定した日時に芸術情報センターが提供するソフトウェアが自動的にインストールされます。
    15. 指定した日時にソフトウェアが自動インストールされます。このとき、インターネットへの接続が必須です。
      自動インストール後は、プログラム一覧に「ESET Endpoint Security」というソフトウェアが追加されています。
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.