macOSでGlobalProtectの自動起動を停止する方法

PaloaltoのSSL-VPNクライアント、GlobalProtectの自動起動を停止する方法です。

本手順はターミナルの利用が解る方向けです。

  1. ユーティリティーからターミナルを起動します。
  2. 以下のディレクトリに移動します。
    $ cd /Library/LaunchAgents/
  3. lsコマンドで以下の2つのファイルを確認します
    • com.paloaltonetworks.gp.pangpa.plist
    • com.paloaltonetworks.gp.pangps.plist

  4. 管理者権限で編集します。
    $ sudo vi com.paloaltonetworks.gp.pangpa.plist
  5. Aを押して編集モードに切り替え、以下の true の部分を false に書き換えます。

<key>RunAtLoad</key>
<true/>
<key>KeepAlive</key>
<true/>

<key>RunAtLoad</key>
<false/>
<key>KeepAlive</key>
<false/>
  1. Esc キーを押下後、 Shift+zz で上書き保存します。
  2. 同様に別ファイルを編集します。
    $ sudo vi com.paloaltonetworks.gp.pangps.plist
  3. 中程にある truefalse に変更して上書き保存します。
<key>RunAtLoad</key>
<true/>

<key>RunAtLoad</key>
<false/>
  1. Macを再起動してメニューバーにGlobalProtectのアイコンが表示されなければ完了です。
    必要なときのみアプリケーションを起動してご利用頂けます。