MENU

閲覧期限付メールを送信する

藝大メールを送信する際、メールを閲覧できる期限付きのメールを送信することができます。
機密性の高いメール内容等を送信する際に利用できます。

閲覧期限付メールを送信する

  1. Gmailのメール作成画面を開きます。
    ウインドウの下段に表示されているメニューバーから「情報保護モード」をオンにします。
  2. 情報保護モードの設定画面が表示されます。
    「有効期限を設定してください」で、送信相手がメールを閲覧できる有効期限を選択します。
    有効期限の選択はあらかじめ決められています。任意の期間は設定できません。
  3. 「SMSパスコードを使用しない」のままでいいので、「保存」します。
    「SMSパスコード」を選択すると、メール閲覧時に受信者はパスコードの入力を求められます。パスコードは送信相手のスマートフォンのSMSに送信するため、送信相手がスマートフォンを利用している、かつSMSが受信できる必要があります。
  4. メール作成画面に戻ります。ウインドウ下段に保護モードのメールを示すメッセージが表示されます。
    メール作成後、「送信」ボタンを押して完了です。
  5. 個人情報や機密性の高い添付ファイルを送信したい場合は、「ファイル転送システム」を利用します。
    (教職員のみ利用可)

 

Gmail以外のメールアドレスで期限付メールを見る(例:hotmail/Outlook)

  1. 情報保護モードのメールを受信し、開封すると以下の様な画面が別ウインドウで表示されます。
    「メールを表示」を選択します
  2. メールを閲覧するためのパスコードを自身のメールアドレス宛(hotmail)に送信します。
  3. パスコードを送信すると以下の様な画面に切り替わります。ブラウザのウインドウを切替えて受信したパスコードを確認します
  4. パスコードを控えてください。
  5. パスコード入力の画面で受信したパスコードを入力して「送信」を選択します。
  6. メール内容が表示されました。また、右上にはメールが閲覧できる有効期限が表示されます。

ネットワーク/メールを利用する

ネットワーク/メールを利用する

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.