芸術情報センターに所属する小宮知久(教育研究助手)が第87回日本音楽コンクール作曲部門にて第2位を受賞致しました。


受賞日/2018.8.23
第87回日本音楽コンクール作曲部門第2位

放送日/
2018/11/20 19:30-21:10 NHK-FM
指揮:渡邊一正
演奏:東京フィルハーモニー管弦楽団

受賞者/ 小宮知久
作品名/ Obsessive Paroxysm for Orchestra
作品概要/ 楽譜に記して作曲することは、音楽を形作る以前に、演奏者の身体性を形作るコレオグラフィー的な意味があると言えるかもしれない。どのように演奏者は身体を使用すべきか、楽譜は規定する。
そのようなコレオグラフィー的な側面から作品を作ることはできないかと思い、作曲した。
この作品の核となっているのは、ひたすら繰り返される不規則・もしくは規則的なパルスである。このリズムは演奏者に痙攣的な身振りを強制する。この身体に馴染みにくいリズムはコンピュータ支援作曲を援用して生成された。コンピュータが生成した痙攣的で身体に馴染みにくいリズムは、従来の演奏者の身体性を拡張していく。私たちの身体は、私たちが思っているより柔軟で可塑的であるかもしれない。この身体に馴染みにくいリズムで構成されたこの作品は新しい身体性を獲得する場としての機能する。そして、その場を目撃する私たちは何を思うのだろう。

関連URL/
審査結果 http://m-classic.jugem.jp/?eid=666
本選開幕 作曲部門 都内から3人入賞 /東京 https://mainichi.jp/classic/articles/20181025/ddl/k13/040/013000c
作曲部門2位 小宮知久さん「車の音原体験」 /神奈川 https://mainichi.jp/classic/articles/20181025/ddl/k14/040/224000c