Thunderbirdを「IMAP方式」で使う Windows/Machintosh

Mac/Win : Thunderbirdを「IMAP方式」で使う

設定内容
・Webメールの「設定」から「IMAP」を有効化。
・ユーザ名…アカウント用紙に記載されているメールアドレス。
・パスワード…初期値はアカウント用紙記載のパスワード。
・受信サーバ…「imap.gmail.com」+ SSL設定(ポート993)
・送信サーバ…「smtp.gmail.com」+ SSL設定(ポート465または587)
※ThunderbirdではPOPで設定済みのアカウントをIMAPへ変更することはできません。
新規設定していただく必要があります。

IMAPの有効化設定

(※画像はクリックすると拡大します)

  1.  Webメールにログインして、現在のGmailの設定を確認します。。
  2.  Webメールにログイン後、画面右側の歯車をクリックし、メニューを表示させます。
    gmail−imap−01
  3.  メニュー内の「設定」をクリックします。
  4. 設定画面が表示されます。このうち、「メール転送とPOP/IMAP」のタブをクリックします。
    gmail−imap−02
  5. IMAPアクセスPOPダウンロードの項目で、「IMAPを有効にするすべてのメールでPOPを有効にする」をチェックし、「変更を保存」をクリックします。
    gmail−imap−03

Thunderbirdのダウンロード

こちらよりThunderbirdをダウンロードします。
ダウンロード後、セットアップファイルを実行します。
(すでにインストール済みでPOPからの乗り換えや再設定は手順6以降から)
Tnunderbirdのセットアップ

  1. セットアップファイル実行後、下記の画面が表示されます。そのまま「次へ」をクリックします。
    gmail−imap−th−00001
  2. セットアップの種類が表示されます。画面の状態のまま「次へ」をクリックします。
    gmail−imap−th−00002
  3. セットアップの確認画面が表示されます。そのまま「インストール」をクリックします。
    gmail−imap−th−00003
  4. インストール状況が表示されます。
    gmail−imap−th−00004
  5. セットアップ完了画面が表示されます。そのまま「完了」を押して下さい。
    gmail−imap−th−00005
  6. 起動後、設定確認のウィンドウが表示されます。「OK」ボタンをクリックします。
    gmail−imap−th−00006
  7. その後、メールアカウント設定画面が表示されます。下段の「このウィンドウを閉じて後で設定する」ボタンをクリックします。
    gmail−imap−th−00007
  8. キーボードのALTキーを押してメニューバーを表示します。その後、「ツール」→「アカウント設定」をクリックします
    gmail−imap−th−00008
  9. 設定画面の左下にある「メールアカウントを追加」をクリックします。
    gmail−imap−th−00009
  10. 設定画面表示の通りに入力し、「続ける」をクリックします。
    gmail−imap−th−00010
  11. 自動設定が始まります。下記の画面で停止したら、「IMAP」を選択し、「完了」ボタンをクリックします。
    gmail−imap−th−00011
  12. 以上で設定は完了です。Webメール上でメールのラベル設定がされていれば、Webメールの振り分け設定そのままの状態でメールを読み込みます。
    gmail−imap−th−00012
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.